複合旋盤加工、金型加工に情熱を注ぐ  株式会社 岩千精工

ホーム 組織概要 主要設備 お問合せ
ホーム 組織概要 主要設備 お問合せ
 

複合旋盤MT2000導入して販路拡大しました。もちろん従来からのモールド、プレス、金型設計、製作も行っております。

森精機MT2000の導入で今まで不得意分野であった丸物対応が出来る様になりました。今後益々販路拡大して弊社の看板マシンになるよう技術ノウハウの構築に力を注ぎます。

金型分野は難易度の高い金型加工に特化しております。おかげさまでお客様から高い評価をいただいておりますが更なる納期短縮、高精度な金型製作に取り組みます。

新着情報

 

主要品目  複合旋盤加工と金型設計製作

モールド、プレス金型設計、製作。地元工場の協力を得てモールド製品の納入も可能です。金型製作は一貫しての工程を兼ね添えておりますので全加工はもちろん、特急品、特殊部品に対応出来る設備と技術をフルに生かしてお客様のニーズに全力でお応えします。

自信有ります! 高精度マシニング(マキノV33)にてL/D8以上の深物でも高品位の仕上がり、FF/CAM導入で面質、効率共にアップしました。電極製作ではバリレスを実現。試行錯誤し弊社独自のノウハウを構築しながら加工し、お客様の信頼を得ております。

高品位です! 放電(三菱DIAX)は高品位の仕上がりを提供しております。面粗さ2μ、1μから光沢仕上が可能です。仕上がり寸法精度は±0.003です。独自の加工条件の構築により、安定して高品位の仕上がりをご提供しております。超硬材の面粗さ2μ仕上が可能になりました。細穴φ0.3板厚5mm貫通加工も可能です。

まだまだ現役! ワイヤー(ソディックA500W)は18年選手ですが、まだまだ高精度±0.003を保持。多彩な冶具をそろえて特殊加工に対応しております。

 

 

 

 

 



Copyright(C)2007 Iwasen Corporation